後遺症でなりやすい交通事故のムチウチ

首に強い衝撃や不自然な力が加わることで、首の痛みや首の動き上手く回らないといった症状が発症した場合、ムチウチと診断されます。本来、首を動かそうと力を入れる際は首がS字になるはずなのに、ムチを打ったような形になるため「ムチウチ症」と呼ばれるようになったのが由来です。正式名称としては「頚椎捻挫」と呼ばれ、首に大きな負荷・衝撃がかかる事で発生した首の捻挫です。スポーツ中の負傷や、交通事故に遭遇した際にかかるのが一般的です。特に、事故後は身体全身に走る痛みの方が先行しがちで、血や目立った外傷がなければ、首や頭部は大丈夫と油断しがちです。しかし、いくら捻挫と言っても首は繊細な部分であり、下手をすれば大事な神経や脊髄を傷つけている可能性もあります。後遺症を残すといった最悪な事態を招かないためにも、症状の種類や特徴、気をつけたい症状に関して学びましょう。ムチウチが認定されると、損害賠償も大きく変わるため、もしもの時のためにきちんと把握しておくことをおすすめします。

ムチウチの症状の種類と、その特徴について

まずは、症状の種類と特徴を見ていきましょう。ほとんどの症状が「頸椎捻挫」であることが多いです。冒頭でも述べた通り、首部分の捻挫ではあるものの、平均5kgもある頭部を支える部分を負傷することになるため、首や肩、背中が凝りやすくなったり、痛みが走ったりなどの症状が併発します。次に、 首の骨だけでなく奥の自律神経まで損傷してしまったケースを、「バレー・ルー症状」と呼びます。めまいや耳鳴り、呼吸困難など、実生活に大きな弊害が出ます。そして、どんどん重い症状を見ていきましょう。神経を支える根元が負傷して、身体の各部位に痺れを感じたり、自由に動かせなくなる「 神経根症状」、脊髄まで損傷してマヒや知覚障害や歩行障害を併発する非常に危険な状態の「脊髄症状」が挙げられます。ここまで来ると、放置すれば後遺症がどんどん酷くなるので必ず病院で処置してもらうようにしましょう。厄介なのは、X線による診断でも出にくいということ。診断が難しいため、いつまでたっても症状が良くならなかったり、ちょっとした運動で症状が出てきたり、倦怠感や疲労感がずっと続く場合は要注意です。

治療方法と、交通事故後の対処法について

治療を受ける機関としては、骨折をしたときと同じ「整形外科」で診察を受けるのが通常です。検査や治療の他、リハビリを実施します。次に、首の治療が落ち着いたら「整骨院・接骨院」に通うこととなります。柔道整復師の資格を保持する医師が、マッサージや矯正など症状にマッチした治療法を施します。また、鍼やお灸による治療を行う「鍼灸治療」も候補のひとつです。肩や首の痛みや、凝りに効果的な他、めまい・手足の痺れ、けだるさなど、負傷箇所からくる副産物的な症状の治療にも適しています。留意しておきたいのは、むちうち症が後遺障害に認定されると、損害賠償金の額が大きく上昇するという点。交通事故直後はさほど目立った症状がなくても、今後いつ大きな後遺症が発生するか分かりません。しかし、医師の診察を受けて後遺障害認定書を書いてもらっても、相手先の保険会社が認可されない場合もあります。その時に重要なのが、プロである弁護士に頼るということ。交通事故対応を専門としている弁護士に相談しましょう。