交通事故でムチウチになったときの対応

首や肩に不自然な負荷がかかり、痛みやしびれが生じるようになるムチウチ。このケガは、スポーツや交通事故によって起きることがおおいケガとなっています。また場合によっては、長期にわたり痛み・しびれ・そして体の様々な部分にマヒが残る恐れもある、恐ろしいケガでもあります。そして交通事故にあった時、私たちは保険会社に申請、事故によって受けた被害に対して請求を行います。このとき、もしムチウチをしていた場合は後遺障害として申請することも可能です。けれども、正しい知識と対策を持っていなければ、本来なら後遺障害として認定されるはずのケガも非該当となり、適切なお金がもらえなくなってしまう危険性があります。そこで万が一のためにも、事前にケガをしたらどうすべきか、もし保険会社とトラブルにあった時どうすべきかをしっかりと知っておく必要があります。

肩や首に痛みを感じたらまず病院へ

交通事故にあい、肩や首に痛みが生じたら、まず病院を受診するようにしましょう。ムチウチは見た目には分かりづらいケガですが、場合によっては神経などを傷つけている恐れもあるためです。さて、一言で「病院」といっても様々な種類がありますが、ムチウチの場合は「整形外科」か「接骨院」「整骨院」に行くようにします。ただしこれらの科は種類によって、少しできることが異なります。まず「整形外科」ですが、専門的な機械などをつかい、しっかりと検査を行うことが可能です。そのため、原因の究明等に優れています。ただし、治療は投薬や光線治療が中心となります。次に「接骨院」「整骨院」ですが、検査設備はあまり充実しているとはいえません。しかし、手により一人ひとりの症状に合わせた治療が可能となっています。まずは自分の今の状態に合わせて病院を選ぶようにし、医師の診断書を受け取るようにしましょう。

保険会社とのトラブルは弁護士に相談

交通事故にあった時、賠償金に関する書類を作成、保険会社に提出する必要があります。ここで注意すべきは、一度書類を作成してしまったら、後から変更することは難しいということです。事故によるケガの場合、ケガした直後は何もなくても、後から様々な症状が現れることがあります。本来ならその治療にかかわる費用も保険によって賄われるはずなのですが、場合によっては事故によるケガと認められず、本来なら支払われるべきお金が入らなくなってしまう危険性もあります。そこで登場するのが、弁護士です。法律の専門家である弁護士に依頼、適切に書類を作成してもらうことで、本来もらうべきお金をしっかりと得ることが可能になります。お金の問題はとても重要であり、書類の出し方を間違えてしまうと損をする結果となってしまいます。保険会社とトラブルになりそうなときは、まず弁護士に相談するようにしましょう。

ご依頼者様のご要望に合った様々なプランをご用意しております。 弁護士との面談がしっかりと在り、面談終了後に当事務所への依頼をするかが決められますので安心出来ます。 少しでも離婚に対して知って頂けるよう当サイトに様々な知識と法律・離婚コラムを掲載させて頂いております。 土曜日・日曜日に関しましてもご相談可能となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。 離婚相談は離婚弁護士の「オーセンス」にお任せください!