【サクッと解説】Google Search Consloleってなんだろう

アフィリエイト

自身のウェブサイトを成長させるために必要なツールはいくつかあります。グーグルサーチコンソールは確実にその中の一つだと言えます。

グーグルサーチコンソールはグーグルが提供しているサイトの分析ツールです。本日はグーグルサーチコンソールの使い方や活用方法について触れていきます。

目次


1.グーグルサーチコンソールの導入


2.グーグルサーチコンソールの活用方法


1.グーグルサーチコンソールの使い方

上記でグーグルサーチコンソールはサイトの分析ツールとお伝えしましたが、一体何をどのように分析するツールなのでしょうか。
グーグルサーチコンソールにあらかじめ自身のサイトを登録しておくと、どのような検索ワードでサイトに流入したのかや、登録したサイトの内容を知ることが出来るツールです。
サイトへの流入が増加傾向にある方や、SEOの対策を考えている方には欠かせないツールとなっています。
グーグルサーチコンソールの全体像を把握し、設置方法から使い方を理解することでサイト運営の幅が広がります。

Googleのアカウントを作ろう

グーグルサーチコンソールはグーグルのアカウントがなければ使用することができませんので、事前にグーグルのアカウントを取得する必要があります。

グーグルのアカウントでグーグルサーチコンソールにログインすると、サイトの登録画面になりますので、自身の運営するサイトのURLを登録しましょう。
ここでは、「ドメイン」、「URLプレフィックス」の2種類が登録できます。「ドメイン」はサイトのドメインに紐づく全ページを一括で登録することができ、「URLプレフィックス」はサイトのURL毎に1ページずつ登録をすることができます。

「URLプレフィックス」は最大1,000のURLを登録することができますので、1,000ページを超える大きなサイトの場合は「ドメイン」に登録をし、それ以下の場合は「URLプレフィックス」に登録するのが良いでしょう。

グーグルサーチコンソールにURLを登録するとサイトの所有権の確認のためのHTMLファイルがダウンロードできるようになるため、ダウンロードをして所定の場所にアップロードをすれば完了です。
やり方がよくわからないかたは、詳細がGoogleのヘルプに記載がありますので合わせてご確認ください。
▲目次に戻る


2.グーグルサーチコンソールの活用方法

グーグルサーチコンソールは「検索パフォーマンス」を利用することで自身のウェブサイトがどの程度検索されて、クリックされているかという数値を把握することができます。
検索パフォーマンスをクリックすると実際にユーザーがどのように流入してきたかをチェックすることができます。
数値をチェックするためには、下記の各数値を参照します。下記は各用語の意味の解説です。
★用語解説★

クエリ・・・ユーザーが検索する際に利用した検索キーワードのことです。
クリック数・・・自身のサイトがGoogleの検索結果からクリックされた回数のことです。
表示回数・・・自身のサイトがGoogleの検索結果に表示された回数のことです。
CTR・・・CTRはClick Through Rateの頭文字で、クリック率のこと。検索結果画からクリックされたパーセンテージを表示しています。
掲載順位・・・自身のサイトがGoogleの検索結果に平均で何番目に表示されたかを示しています。
これらを利用することで、ユーザーがどのようなワードで検索し、どのワードで流入してきているかをチェックすることができます。
また、URL検査でサイト内の特定のページに問題があるものを探し出したり、カバレッジという機能を利用したりして、ページ内の問題の洗い出しなどをすることが可能です。
グーグルサーチコンソールを利用することで、サイトをはじめて、流入は増えてきたものの、中々クリックにつながらない、もっと流入を増やしたいと思ったときにどのようなキーワードで流入させるかなどの問題を解決する手助けになると思います。
是非参考にして良いサイト作りに役立ててください。
▲目次に戻る
タイトルとURLをコピーしました