【初めての副業】アフィリエイトとGoogleAdSenseの違いって何?

アフィリエイト

インターネットを利用して副業を始めようとすると、アフィリエイトサイトの運用というものが頭をよぎる人は多いでしょう。

また、アフィリエイトを始めようといろいろ調べているとGoogleAdSenseの存在が出てきます。一体GoogleAdSense広告とは何かアフィリエイトとの違いはなんだろうと疑問をお持ちの方の疑問にお答えするために、本記事を執筆しました。
是非最後まで御覧ください。また過去記事でAdSenseについても触れていますので合わせて一読ください。( 参照:【アフィリエイトでお悩みの方向け】クリック課金型のアフィリエイトとは

目次


1.アフィリエイトとは


2.AdSensとは


3.アフィリエイトとAdSenseを併用することは可能?


1.アフィリエイトとは

アフィリエイトとは企業が運営しているWebサイトで販売されている商品やサービスを自身のサイトやブログで紹介し、特定の導線を通して商品を購入したり、サービスへの登録をしたりすることで、紹介したサイトへ報酬が入るという仕組みです。
所謂、成果報酬型広告と呼ばれるものです。ユーザーを商品やサービスへ誘導したのち、購入や登録までしてもらわなければならないので、そのサイトやブログは商品やサービスについての説明や、モチベーションの上がるサイトに仕上げる必要があります。
報酬は高いものから安いものまで様々あります。売る商品は自分で選ばなければならないため、選んだ商材と自分の作ったウェブサイトの内容で大きく売上が変わってきます。

2.AdSenseとは

GoogleAdSenseとは、自身が運営するブログやサイトにGoogleから発行されるタグ付きの広告を貼ることで、サイトの閲覧者に対して最適な広告が表示され、さらにその広告をユーザーがクリックすることでサイト運営者に報酬が支払われるというシステムです。
自分で表示される広告を選ぶことはできませんが、ユーザーに対してGoogleのシステムを利用して広告が表示されるので、わざわざ商品に合わせて記事を書くことがなくなります。
自分が書きたい記事、PVが上がりそうなサイトを作ることができるのです。報酬は平均すると30円〜90円程度のものが多いようです。
しかし、GoogleAdSenseを利用するためには事前に審査が必要になります。自分のサイトがGoogleに適正なサイトと認められなければGoogleAdSenseを利用することはできません。

3.アフィリエイトとAdSenseを併用することは可能?

アフィリエイトとGoogleAdSenseを併用することは可能なのでしょうか?
結論から申し上げますと併用は可能です。
しかしAdSenseは割と規定が厳しく、そのサイトがユーザーにとって有益かどうかという判断は常にされています。あまりアフィリエイトの商材に向けたテキストばかりになっていると、AdSenseが有益でないという判断を下す恐れがあります。
AdSenseが想定しているレベルに達していないと判断されると、AdSenseのアカウントが停止されるという事態にもなりかねません。併用する場合は、サイトの内容を少し検討する必要があります。
そもそも、収益の金額がかなり違うため、アフィリエイトサイトとAdSenseの広告を置くサイトを分けているアフィリエイターもいます。
キーワード検索で他サイトと競合性が低く、PVが集めやすいブログにAdSenseを配置し、そのブログにユーザーにとって有益な記事を書くことで、最終的にアフィリエイトサイトへ促すような形ができれば理想的だと思います。
キーワード検索について過去の記事を参照ください(参照:【はじめてのキーワード検索】初心者にオススメのツールをご紹介
タイトルとURLをコピーしました